引っ越し 国民健康保険

引っ越しによる国民健康保険の喪失手続きと加入手続き

 

 

国民健康保険は、日頃から保険料を出しあい、
医療費を負担することによって
病気や怪我で診療を受けたくなった時に
少ない負担で医療が受けられる制度です。

 

 

国民健康保険は、加入しなければいけません。
しかし、会社で健康保険に加入している人と
生活保護を受けている人は、加入しなくてもよいです。

 

 

引越しする時は、
旧住所を管轄する役所に
転出届」を出しに行きますが

 

 

その時に今使っている保険証を返納して、
引越し先の新住所を管轄する役所で
新たな保険証を交付されることになります。

 

 

旧住所でやること

 

 

旧住所でやることは、

 

  • 保険証
  • 印鑑
  • 委任状(代理人が持って行く場合)

 

※委任状のテンプレートは、
ネットでダウンロードできます。

 

※委任状には、
保健証を交付してもらう本人の
印鑑と署名が必要です。

 

 

これらを旧住所を管轄する役所に持って行き、
転出届の手続きの後に
国民健康保険の喪失の手続きをしましょう。

 

 

ちなみに転出届に必要な物は、

 

  • 運転免許証などの本人確認できる物
  • 印鑑

 

の2つだけです。

 

 

新住所でやること

 

 

新住所を管轄する役所に行って
国民健康保険の加入手続きを行います。
届出期間は、引っ越してから14日以内になります。

 

 

手続きに必要なものは、

 

  • 印鑑
  • 転出証明書
  • 委任状(代理人が手続きをする場合)

 

※委任状のテンプレートは、
ネットでダウンロードできます。

 

※委任状には、
保健証を交付してもらう本人の
印鑑と署名が必要です。

 

 

病院に予定がないからといって
国民健康保険に加入する時期を先伸ばす人がいます。

 

 

しかし、結局さかのぼって支払うことになるので
早めに加入しておきましょう。