引越しの時の転出届の手続き

引越しの時の転出届の手続き

 

 

引越しをするなら
転出届の手続きをしなければいけません。

 

 

旧住所の役所で転出届を、
新住所の役所で転入届を提出することによって
住民票を移動できます。

 

 

国民が受けるサービスは、市町村経由が多いので
住んでいる市町村に住民票を移しておきましょう。

 

 

ただし、単身赴任で短い期間の場合は、
住民票をそのままにしておく人が多くいます。

 

 

ひとりだけ住民票を移すと、
世帯分けなければいけないことになります。

 

 

いろんなケースがあると思うので
迷ったら役所に問い合わせて
住民票を移した方がいいか聞いてみましょう。

 

 

ちなみに「転出届」は現住所の市区町村から
出て行く時に提出するものです。

 

 

同じ市区町村に引っ越す場合は「転居届」になります。
「転居届」は新住所に引越した後でしか手続きができません。

 

 

話は、もどりますが
転出届の届出期間は、
引越しの14日前〜引越し後14日以内」となっているので
引越し前に届け出ればいいと思います。

 

 

届ける場所は、現住所を管轄している役所です。

 

 

必要な物は、

 

  • 運転免許証などの本人確認できる物
  • 印鑑

 

この2つで転出届の手続きができます。

 

 

ただし、役所に何回も行くのは、面倒なので
ついでに国民健康保健証も持って行って
返納しておきましょう。

 

 

印鑑登録は、転出届を出せは、
自動的に抹消されるので
特になにもしなくていいです。

 

 

役所に行ったら
役所においてある転出届に
必要事項を記入して提出しましょう。

 

 

そうすると「転出証明書」が発行されます。
この転出証明書を
引越し先の住所を管轄する役所にもっていけば
転入届の手続きが完了して
住民票が移されます。

 

 

届け出を行う人

 

 

届け出を行う人ですが
基本的には、引越しをする本人か世帯主。
家族で引っ越す場合は、妻が提出しても大丈夫です。
子供の独立の場合は、父親が提出しても大丈夫です。

 

 

それ以外の人が行う場合は、
代理人に頼むということになるので

 

  • 委任状
  • 手続きを行う人の本人確認ができるもの

 

の2つが必要になります。

 

 

また委任状には、
住民票を移す本人の押印とサインが必要です。

 

 

委任状は、インターネットで
テンプレートをダウンロードできます。

 

 

転出届を郵送で送る

 

 

転出届を郵送で送ることも可能です。
ただし、市町村によって条件や添付書類が異なるので
必ず役所に問い合わせてから郵送しましょう。

 

 

また、届出期限があるので
1週間くらい前には、送るようにしましょう。