引越し業者とのトラブルが起こったら?

引越し業者とのトラブルが起こったら?

 

 

引越し業者とのトラブルで特に多いのが
時間通りに来ないということです。

 

 

時間通りに来ないケースは、
前のお客さんの引越しが予想以上に
時間がかかってしまい
次のお客さんの引っ越し開始時間が
遅れてしまうことが多いです。

 

 

これが数分ならいいですが
中には数時間遅れてくる業者もいます。

 

 

ここまで酷いと
引越し業者の責務不履行になりますので
そのような業者には、引越し料金の値引きを請求しましょう

 

 

このケースを消費者センターに質問すると
当初の見積もり料金の10%の値引き
請求するように言われます。

 

 

次に多いトラブルが
引っ越しのあとに請求される料金が
当初の見積もり額より高かったというケースです。

 

 

追加料金が発生するケースは、
見積もり当初より荷物が増えたのに
引越し業者に連絡してなかった。

 

 

引越し業者が到着したのに
荷造りが終わってなく
大幅に作業時間が遅れてしまった。

 

 

といったお客さんの不手際や勘違いで
起こるケースが多いです。

 

 

見積もりの時点で
引越し業者とよく打ち合わせをして
曖昧なことをきちんと質問しておけば
防げることです。

 

 

 

次に多いのが荷物の破損です。
引越し業者は、ほとんどの業者が
保険に加入しているので
引越し業者の過失によって起こる破損は、補償してもらいます。

 

 

ただし故障してから3ヶ月以内
請求するという決まりがあるので
それ以降になると補償してもらえません。

 

 

できるだけ引っ越し当日に
すべての荷物を確認して
もし破損があればすぐ引越し業者に伝えて、
証拠となる写真も残しておきましょう。