引越し料金が安くなる時期

引越し料金が安くなる時期

 

 

土日祝日は、避ける

引越し料金を安くしたいなら
土日祝は、避けましょう。
割増料金が加算されるからです。

 

 

いつ頼んでも料金が同じなら土日祝に
引越しが集中してしまいます。

 

 

そこで引越し業者は、
お客さんの希望日が集中しないように
土日祝の料金を上げて、
お客さんの希望日が分散するようにしています。

 

 

土日祝と平日では、どれくらい違うを
ある引越し業者の料金で見てみましょう。
引越しの条件は、単身パックで県内の引越しです。

 

 

火曜日〜木曜日 15,750円
金曜日と月曜日 18,900円
土日・祝日 21,000円

 

 

単身パックでこれだけ差があるので
家族で引っ越しとなると全然違ってきます。

 

 

有給休暇を火曜日〜木曜日に取って
引越しをするのが賢いやり方ですね。

 

 

3月と4月も避ける

 

 

4月といえば、進学や就職で新しい生活が始まります。
引越し業者も大忙し。こ
の時期に依頼が集中してしまいます。

 

 

引越し料金が高くてもどんどん仕事がきますから、
どこの引越し業者も通常より料金を上げてきますし
値引き交渉をしてもなかなか下げてくれません。

 

 

引越し業者が一番暇な時期と比べて
1.5倍くらいの差があるので
この時期は、なるべく避けたほうがいいです。

 

 

その他に安くなる時期

 

 

大安は、避けて仏滅にしましょう。
仏滅に引越しなんて。。。と
気になる人もいると思いますが
そういうのをまったく気にしない人もいると思います。、
これだけで料金が安くなります。

 

 

また月の20日以降になると
引越しを依頼する人が増えて
引越し料金が上がりやすいので

 

 

それまでに頼んでおくのも引越し費用を
節約するためのポイントになります。