引越しで出た粗大ゴミの処分の仕方は?

引越しで出た粗大ゴミの処分の仕方は?

 

 

引越しで荷物を整理しているといらないものや
前回整理した時に捨てるか迷って取っておいたものが
いっぱい出てきます。

 

 

また古い家具・家電は、持っていかずに
新居で新しく買い換える人も多いでしょう。

 

 

そういう時の家具・家電の処分方法を説明します。

 

 

まず、無料で引き取ってくれる、
あるいは、買い取ってくれる業者を探しましょう。

 

 

家の近くのリサイクルショップに連絡してみましょう。
また「おいくら」や「リタウン」といった
不用品をリサイクルショップへ買取または、
リサイクルの依頼ができる便利なサイトもあります。 

 

 

それらで引き取ってもらえない場合は、
市や役所で行っている公共サービスを使って
粗大ゴミを回収してもらいます。

 

 

ちなみにパソコンや洗濯機やテレビなど
家電リサイクル法に含まれる商品は、
粗大ゴミとして引き取ってもらえません。

 

 

東京都の場合ですと
粗大ゴミ受付センターから申し込みます。
申し込みは、インターネットや電話でできます。

 

 

予約は、早めにしておきましょう。
常に混雑しているので予約してから
2週間くらいは、かかります。

 

 

収集日を予約して
有料粗大ごみ処理券取扱所」の表示のある店で
有料シールを購入します。

 

 

粗大ゴミにそのシールを貼り
予約した日の朝8時までにわかり易い場所に出しておきます。
そして収集してもらうという形になります。
立会は、必要ありません。

 

 

また粗大ごみ処理券のシールが貼ってなかったり、
料金が足りないときは収集されません。

 

 

気になる料金ですが東京都の場合ですと
高さと幅の合計が360cm以上の箱型家具では、2200円。
例えば下記のようなものがあります。

 

 

  • オーディオラック
  • 押入れたんす
  • カラーボックス
  • 簡易棚
  • すきま家具
  • キャビネット
  • 下駄箱
  • サイドボード
  • 書棚
  • 食器棚(茶だんす)
  • 棚(スチール棚等)
  • たんす
  • チェスト
  • 戸棚
  • 本棚
  • ロッカー
  • 脇机
  • ガス台
  • 流し台
  • 仏壇
  • ペット小屋
  • 物置(解体したもの)
  • レンジ台

 

 

ちなみに2200円が一番高い引取料なので
例えば2人以上座れるソファーだと1600円。
16インチ以上の自転車だと600円。
ストーブが600円。
椅子が300円。

 

 

といった感じです。

 

 

地方になるともう少し安くなります。