荷物が破損していたら?

荷物が破損していたら?

 

 

引越し業者に依頼して、
荷物の紛失、破損があった場合、
補償は、どうなっているのでしょう。

 

 

基本的に引越しの作業や運送中に
引越し業者のスタッフが物や家や人に損害を与えた場合
それを補償すると「標準引越運送約款」に定められています。

 

 

これは、引越し業者側が
注意を怠らずに仕事をしていたことを証明できなければ
損害賠償責任を負うことになっています。

 

 

補償内容に関しては、
各引越し業者ごとに異なるので
引越しの前に確認しておいたほうがいいでしょう。

 

 

また補償内容の回答があやふやな業者は、
トラブルがあってもきちんと対応してくれないので
避けるようにしましょう。

 

 

実際に荷物の紛失や破損があった方もいます。
しかし、荷物のチェックがルーズだったため
時間がだいぶたってから気づいて
きちんと補償を受けられなかったケースもあります。

 

 

必ず新しい住所に荷物を運んだら
最初にダンボールの数を確認して
次に高価な荷物が破損していないか
その場でチェックしましょう。

 

 

そしてなにかおかしな点があれば
写真を取って証拠を残し
その場でスタッフに伝えましょう。

 

 

基本的にスタッフは、
荷物を運ぶ専門なので
引越し業者の会社にも連絡を入れておきましょう。

 

 

引越し約款に記載されている補償期間は、
引越ししてから3ヶ月以内ですが

 

 

引越し業者によっては、1週間、1ヶ月と
独自に補償期間を定めている会社もあるので
できるだけ引越し当日に荷物の確認を済ませておきましょう。

 

 

補償されないケースの例を挙げていおきます。

 

 

  • 申告を受けていない高価品や壊れやすい品などが破損した。
  • 客が梱包中、輸送中に荷物が破損した。
  • 業者のトラックが追突され、荷物が破損した。
  • 業者の過失によらない火災が発生し、荷物が焼失した。
  • 洪水、暴風雨などの天災が原因で荷物が破損した。
  • 輸送中に家財が紛失したが、運送会社として十分な注意を払っていた。
  • 客が梱包して、段ボールに外傷がないのに損害が発生した。

 

 

こちらも引越し業者によって異なるので
事前に確認しておきましょう。

 

 

補償される金額ですが
こちらも、引越し業者によって異なります。

 

 

例として
ある大手の引越し業者では、

 

荷物の補償 1000万円
家の補償  1000万円
人の怪我の補償 1億円

 

となっています。

 

 

仮に引越し業者と補償の問題でトラブルになったら
全国の消費生活センターに相談しましょう。